塗り替えタイミングのチェックリスト

お家の建っている環境や手入れの具合にもよりますが、一般的には新築後・前回の塗り替えから8年前後での塗り替えが必要だと思います。

外壁にひびが入っていたり、色あせ・塗料の捲れ、鉄部の錆が目立つ等、
そのまま放置していると部材まで修復作業が必要となり費用がかさんでしまいますので、
早めの塗り替えをおすすめします。

塗り替え危険度:低 塗り替えの計画が必要です

これ位の症状になったら、

先の事を考えて

診断を受けましょう、

当社は診断無料ですので

お気軽に
お問い合わせください。

トタンのさび

トタン壁にさびがでかかって
います。

とたんのさび

こけが生えてきたり、
よごれが強くなってきています。

かべのよごれ

こういう壁はよく見かけますね
壁よごれ
日焼けは注意してください。

塗り替え危険度:中 塗り替えの時期がきています

もう塗り替えの時期となってます。お客様のお住まいの為にもすぐ診断をうけてください。

           

塗装膜のカビがひどく
なってきています
カビの根が皮膜に入り込んでます
カビの他、塗装のところどころ
はがれかかってきています
塗装のつやがなくなり、触ってみると粉が手につきます
チョーキング現象といいます。

塗り替え危険度:高 塗り替えないと危険です

すぐ塗り替えをしないと

大事な家そのものに

大きく影響してきます

お見積もり無料ですので

すぐ診断を受けてください

トタンのさび

さびがかなりひどくなってる
状態です
やねそのものがいたんで
穴があく可能性があります。

塗装のはがれ、割れ

塗装がはがれて、
かべが割れている状態(クラック)です

かべのよごれ

壁のコーキングが
割れている状態です
こういう壁では
防水機能は働いていない
のです。

【無料見積り】お見積もりは無料です!お気軽にお問合わせ下さい!!